名古屋のススメ

おすすめ名古屋ツアーやスポット紹介

日本最大の旅行会社・jtbのツアーで名古屋旅行に行ってみる

ホテル19

jtbは業界2位のH・I・Sとは大きな差がある国内最大規模の旅行会社です。JR東日本とJR東海が大株主となっているため、JRとコラボしたツアー商品を数多く販売しており、各ツアーが人気を博しています。その中でも、東海道新幹線沿線地域で最も観光地としての人気が高い名古屋関連の商品が豊富で、jtbツアーを利用すると素晴らしい名古屋旅行が実現します。


jtbとはどんな会社?

jtbは有名な会社である一方、個人旅行ばかりしてきた人にとってはやや縁遠い存在のようなところがあります。この会社は、1912年創業の公益財団法人日本交通公社が源流となっており、jtbは「Japan Tourist Bureau」の略です。

その後、日本交通公社の営業部門が独立することになり、営利目的の「株式会社日本交通公社」が新設され、その後、社名がjtbに改称されて現在に至っています。筆頭株主は今でも財団法人日本交通公社で、JR東日本・JR東海・各航空会社などが株を保有しているのが特徴です。

個人・法人に向けて幅広い事業を展開しており、例えば子会社のJTBパブリッシングという出版社を通じて時刻表雑誌・旅行情報誌・旅行ガイド本(るるぶ)を発行しています。ちなみに「るるぶ」シリーズは、発行点数世界最多の旅行ガイドシリーズとして2010年にギネス記録に認定されたほどの存在です。

旅行業界の中では売上高・旅行取扱高共に1兆円で国内でダントツ1位の数字を誇り、売上高・旅行取扱高共に5000億円前後である2位のH・I・Sに対して大きな差を付けています。

個人旅行でなくツアーで旅行するならjtbがおすすめ

旅行者25

国内で圧倒的なシェアを誇るjtbは、個人旅行ではなくツアー商品を通じて旅行に行きたい場合には最高の存在です。なぜなら1980年創業のH・I・Sと比べて会社の歴史が長いため様々なノウハウ・コネを持っており、良い商品に巡り合える可能性が高い部分があります。

その中でもH・I・SはJR資本が入っていないのに対して、jtbはJR東日本が全体の21%・JR東海が全体12%の株を保有しており、新幹線ツアーに強い傾向です。そのため、特に新幹線を利用したツアーを利用したい場合はjtbツアーの利用がおすすめです。


jtbツアーでどこかに行くなら名古屋あたりはおすすめ

jtbという会社は前述通り、JR東日本とJR東海が大株主になっている関係で、JR東海の営業エリア内で最も観光人気が高い名古屋関連のツアーが充実しています。

そのため、東京や大阪から新幹線を利用してどこかに旅行に行きたい場合は、jtb商品にて名古屋に行ってみる事を推奨します。なお個人で名古屋に新幹線旅行に行くとなると、指定席利用の場合、東京からだと往復約2.2万円・大阪からだと往復約1.3万円のコストがかかります。

しかし、JR関連会社のjtb新幹線ツアーを利用すると、だいぶ安い料金で新幹線に乗車する事が可能です。セットに組み込まれているホテルに関しては、たくさんのホテルが用意されており、リーズナブルな物から高級なものまで予算に応じてホテルを選べます。

カップルで名古屋旅行するならここがおすすめ!名古屋の観光スポット〇選!

名古屋の魅力とは?

名古屋市とは、江戸時代に名古屋城が築城されたほか、東海道の通り道に採用されたのを機に急速な発展を遂げるようになった街です。明治時代に入ると城下町付近に名古屋駅が開業して、東海地方最大のターミナル駅へと発展していきました。

東京や大阪と比べると市街地はコンパクトなため、1日あれば歩いたり電車に乗ったりしてたくさんの名所を廻れますので、1泊でも旅を満喫できるのが特徴です。また、名古屋駅周辺よりSKE48(女性アイドルグループ)の本拠地である栄地区のほうが発展しているのも特徴で、栄地区は東京の新宿や銀座並みに繁栄しています。

郊外エリアにも多数の観光・行楽スポットがありますが、市内の交通網が発達しているため郊外の名所にも電車で向かう事ができます。

名古屋のおすすめ観光スポット

ホテル23

jtbの名古屋ツアー商品はガイドが付くツアーではなく、現地での行き先は自由です。その中で幾つかおすすめのスポットを挙げてみると、まずはなんといっても、名古屋城に行ってみる事をおすすめします。名古屋駅からも近いこの名所では、テレビにもよく映る天守閣の「金のしゃちほこ」を間近で見られます。

天守閣以外にも様々な建造物が現存しており、間近でみるそれらの建造物には圧倒的な迫力があり、見るものを圧倒します。続いて、名古屋城の南側には高さ約180mを誇る「名古屋テレビ塔」が建っており、地上100m地点の展望台から日中も夜も素晴らしい景色を楽しめるスポットです。

なお、特に夜景がロマンティックなため、カップルで来るなら昼ではなく夜の時間帯を推奨します。アイドル好きのかたであればSKE48の劇場があるサンシャインサカエというビルに行ってみるのも良いでしょう。チケットが取れれば信じられないほど近い距離で国民的アイドル・SKE48の生ライブを鑑賞できますし、チケットをとれなくてもグッズ店でライブ映像を大画面で見られます。

さらに、この建物は奇抜な外観のため建物自体が有名観光地になっており、具体的には壁面に観覧車が設置されています。

この観覧車は飾りではなく動いていてわずかな料金で乗車できますので、最高地点52mの観覧車に乗ってみるのも良いと思います。郊外エリアでいうと、千種区の東山動植物園・港区のLEGOLAND JAPANなどが有名ですが、それらの施設は駅のそばに位置しているため、名古屋駅からあまり所要時間がかかりません。

名古屋のおすすめグルメ

続いて、名古屋に旅行に行った際に是非食べてほしいご当地グルメを幾つか紹介します。

一番推奨したいのは「ひつまぶし」で、このうなぎ料理は最もポピュラーな名古屋グルメのため、評判の良い店を探して是非食べてみてください。ひつまぶし同様に手羽先も人気があるため立ち寄った飲食店で提供されていたら注文してみる事をおすすめします。

また、味噌煮込みうどんは味噌ラーメンが好きなかたなら確実に気に入ると言われるため、寒い冬に名古屋を訪れたような場合は是非食べてほしい商品です。その他、モーニング文化が発展している地域で、朝の時間帯にコーヒーを注文した場合は、無料サービスでトースト・ゆで卵と一緒に色々なものが付いてきます。

このお得感は旅行客を昔から喜ばせてきたため、事前に良い喫茶店を見つけて朝の時間帯にコーヒーを注文してみるのもおすすめです。

名古屋旅行にGO!子連れにおすすめスポットをご紹介

© 2018 名古屋のススメ Bluesand Theme